●BB弾が挟まりボルトが止まってしまった場合の対処法方

新型のボルトが組み込まれていないモデルでカートリッジがチャンバーに
送られる前にBB弾が抜けてしまいボルトとメカボックスの間に挟まり
ボルトが動かなくなってしまうトラブルが報告されています。
この場合のBB弾の抜き方ですがボルトヘッド後端のボルトストップが
入る空間がマガジンホールから見えていれば簡単に解消する事が出来ます。
BB弾がボルトとメカボックスの隙間に挟まり止まってしまった場合は必ず@のように
ボルトは下がりきった位置に近い部分で止まっています。
マガジンホールから見るとAのようになっています。
丸の中がボルトストップが入る部分が見えている所になります。
この部分にBB弾が入ってしまうとメカボックスと当たりボルトが止まってしまいます。
このトラブルを解消するためにはAで見えている隙間にBの様に適度な大きさの
マイナスドライバーを差込み前方に押し出してください。
Cは挟まっているBB弾が見えてきた所です。
このまま前方に押し出せばBB弾を取り出す事が出来ます。
BB弾が取り出せましたら通常通り使用できます。
この時に加える力はさほど必要ありません。
前方に押し出そうとしても動かない場合はギアトラブル等他の問題が考えられますので
無理に動かそうとしないでください。
またボルトストップの入る部分が見ない場合は分解が必要になる場合がございます。
無理にコジって傷をつけたり壊してしまわないようお願いします。


●注意
この方法は一度でも弊社にてメンテナンス及び修理を受けたギアの逆転防止ラッチを
外してあるモデル以外のモデルではボルトが下がりきれずに逆転防止ラッチが効いて
途中で止まっている場合もあります。その場合はボルトは前に押し出す事は出来ませんので
無理に動かそうとしないでください。


逆転防止ラッチが元でのボルトの動作不良の解消の方法はこちらから